新婚さん必見!若年離婚の原因や回避策について知る

1.20代前半の離婚率がとても高い

長く連れ添った夫婦が別れる熟年離婚はよく知られていますが、最近では若年離婚が増えてきています。
若年が何歳から何歳までと決まっていませんが、20代前半の離婚率がとても高いとされているんです。

▶️離婚原因ランキング発表!1位の原因はやっぱり・・・離婚しないために気をつけること

離婚に至るまでの原因として挙げられるのが、性格が合わなかったり経済的な問題がある、相手の異性関係や不貞行為などが多くなっています。
婚姻期間が長ければ、多少性格が合わなくてもお互いのことをほとんど理解できているため、すべてを受け入れたうえで結婚生活を送ることができ離婚の可能性が低くなります。

それに対して若年では、まだ若く相手も見つけやすいため、性格が合わないのなら他のパートナーを探してもよいのではないかという考えになってしまうことがあるようです。

最近では企業などの業績の悪化などに伴って、経済的にやっていけないという理由から離婚するケースもでてきています。
他にも異性関係だけでなく肉体的精神的な暴力や両親との折り合い、生活費をくれなかったり家庭を顧みず遊んでばかり、両親との同居に同意してもらえないなどの理由もあります。

2.できちゃった結婚は育児ノイローゼに陥るケースも多い

できちゃった結婚も原因のひとつです。
子供ができてから結婚するとなると、結婚後の暮らしや育児の大変さなどについて考える間もなく、結婚生活を送ることになります。

家庭を持つ責任に加え、配偶者の家族や近所との付き合い、さらに育児まで始まるため2人だけの時間を持つことが難しくなってしまうんです。
子供ができて、そういった覚悟ができないまま結婚すると、いろいろな問題に直面して離婚に至ってしまうことがあるのです。

この場合は互いの家族に望まれないまま結婚することが多く、育児ノイローゼに陥ることも考えられます。
子供に手がかかるうちは育児と家事の両立は大変なものですよね。
思い切ってい誰かに相談し、頼れる人を見つけるといいでしょう。

努力することは素晴らしいことですが、無理をしすぎないことも大切です。
あまりにも相手に合わせようと自分を押さえてしまうことで、精神的に限界がきてしまいます。

3.相手が言ったことに対して自分がどう思ったのかを素直に伝える

ある程度はなりたい自分の理想を持ったり、相手が望むようにすることも必要かもしれません。
しかし、完全に自分を押し殺すのではなく、目前のことを一つずつ無理をせずにこなすようにしましょう。

自分が感じたことを素直に伝えることも、離婚を回避することにつながります。
相手が言ったことに対して自分がどう思ったのかを素直に伝え、相手の言葉にも素直に反応することで、お互いを深く理解できるようになります。

たとえその時に相手と考え方が違っても、もともとは他人ですから当たり前のことです。
お互いに同じ考えの部分や違う部分があるからこそ、新鮮な結婚生活が送れるのです。
お互いに違う部分を受け入れて、たくさんコミュニケーションをはかっていきましょうね。

共通の夢や目標を持つこともいいでしょう。
大きすぎる夢だと現実味がないので、お金を貯めて旅行に行くなど手が届くくらいの目標を二人で持つようにするとよいかもしれません。

4.結婚前に相手をよく知ることも重要

どういった経緯で結婚したかで、離婚する確率にも影響を与えることがあります。
実際に結婚してみないとわからない部分も多いですが、できるだけ結婚前に相手をよく知り、結婚条件なども確認しておく必要があります。

最近では、結婚や離婚に対しての価値観が以前と大きく変わってきています。
早めに離婚して新しい生活を送ることも大事かもしれませんが、その前にできることがあるはずです。

若いうちは遊びたいという気持ちが強く、理想だけが先走って現実はうまくいかないということが多いでしょう。
ですが相手を思いやり言葉にして伝えたり、どちらかがミスをすればフォローするなどお互いに補い合って若年離婚を回避しましょうね。